目指せ美脚美人!足のセルライト除去法【完全版】

生活習慣の改善

足のセルライト除去方法リアル比較

自力でコツコツ
ホワイトバーチ

1ヶ月で
 -1.5cm

100ml・3,800円

ヴェレダの
公式HP

エステで即効
美脚モデルコース

1回で
 -3cm

70分・2,000円

ラ・パルレの
公式HP

セルフでリッチに
リファ カラット

1ヶ月で
 -0.5cm

1個・23,800円

リファの
公式HP

美脚ケアの最後の仕上げとして、生活習慣の改善方法についてまとめました。セルライト除去に効果的な食べ物、運動法など、ぜひ参考にご覧ください。

セルライトを悪化させる食べ物&生活習慣って?

生活習慣の改善

おすすめのマッサージやエクササイズ法を紹介してきましたが、セルライトの除去には毎日の生活習慣の見直しも必要不可欠と言えます。

食事ですと、とくに避けたいのは、脂っこい食事、スナック菓子、甘い物、添加物の多い食べ物、暴飲暴食など。

これらの食事は、直接的に脂肪を増やすことにつながり、みるみるうちにセルライトが進行していきます。せっかくマッサージなどでケアしても、体の中はセルライト予備軍だらけ…という状態になってしまうのです。

中には脂肪を減らさなきゃ!と思って、極端に食事を抜く人もいますが、実は食事を抜くのも、かえって老廃物を溜めやすく、セルライトが出来やすくなるそうです。

また、代謝を高めるための生活を送ることも大切です。不規則な生活を送っていたり、冷えやむくみがヒドイ、ストレスに悩まされている…など。これらの生活を改善するだけでも、セルライトのない美ボディへの一歩につながります。

セルライトを除去する黄金の食事法

食事は、ずばり次の食べ物がセルライト解消にはおすすめです。

  • カリウムを多く含む食べ物
    海草類、アスパラガス、キュウリ、セロリ
  • ビタミンB群
    玄米、胚芽米、豚肉、レバー、うなぎ、納豆、卵、鮭、鰹、バナナ、ナッツ、大豆など
  • たんぱく質
    鶏肉、とうふ、大豆、白身魚、チーズ、牛乳、卵、マグロなど

とくにセルライト解消に効果的と言われるのがカリウム。カリウムにはあまった水分を体の外へと出す働きがあり、むくみやリンパの流れをよくしてくれます。

さらに基礎代謝をアップさせるビタミンB群、たんぱく質を組み合わせれば、セルライトケアには黄金の食事法と言えるかもしれません。その他には、燃焼効果のあるトウガラシや、グレープフルーツもセルライトに良いと言われています。

ハト麦で新陳代謝をアップ

昔からハト麦は、美肌に良いといわれています。しかし、むくみ改善にもハト麦はおすすめ。ハト麦には、新陳代謝を高めることで老廃物の排出を促す効果も期待できるのです。

また、ハト麦にはタンパク質やカルシウム、鉄分などの栄養素がたくさん含まれています。

ハーブで体質改善を図る

セルライトの原因となる脂肪。脂肪を燃やすには代謝の力を借りるのがポイントになります。代謝の力を高めてくれるハーブを食事の際に一緒に摂る方法がおすすめです。

アーティチョークは少し苦みはありますが脂肪代謝を促したり、便秘やむくみを解消してくれます。

カモミールにはデトックス効果があって、甘い香りで飲みやすいのが特徴です。タンポポには利尿作用があるので、余分な塩分を体外に排出するのにおすすめ。短期間でダイエット効果を得たい人に向いています。

むくまないよう塩分過多な食事はNG

足のむくみは女性にとって悩みのタネですよね。むくみとなる原因には、塩分の摂り過ぎが関係しています。塩分を過剰に摂取してしまうと、血行やリンパの流れが上手くいかず滞ってしまうため、むくみが生じます。

調理をするときは、素材の味が感じられる程度の味付けを意識し、添加物や精製されていないものを使うようにしましょう。

また、体内の水分を循環させることも大切です。むくみの原因には、水分不足からくることもありますので、コップ1杯分の水をこまめにゆっくりと飲んでみる習慣をつけると良いですよ。

水分摂取が鍵!

水分の摂り過ぎもよくありませんが、水分が不足するのもむくみの原因となってしまうので、バランスが難しいですよね。

水分を補給するおすすめのタイミングは、朝起きたときにコップ1杯の水分補給をすること。人は寝ている間、体中の水分が多く失われてしまうため、寝る前の水分は欠かせません。

「就寝前に飲むと、翌朝むくんでしまうから摂らない」という人もいると思いますが、飲みすぎなければむくむことはないでしょう。

ランチ時もコップ1杯程度の水分を摂ることで、食べ過ぎの予防へとつながります。

また入浴中は汗をかくことがありますので、失った水分を補うために、入浴前に水分を補給するのが◎。

午前中や午後に水分を摂ると考えると、1日1.5Lの水分補給が見込めます。

「水毒」を薄めてダイエット

水分不足になると体内で老廃物と水が混ざり合って、ドロドロの濁った水になります。これを東洋医学で「水毒」と呼ぶのです。

水太りするから水分を摂らないという方もいますが、身体に溜まっている水分は、新しい水分を摂取しなければ体外へ排出されません。上手に水分を補給することが大切です。

水分補給といってもお茶屋ジュースなどではなく、ミネラルウォーターといった「水」を飲むのがポイント。適度に水分を摂取することで、水毒を薄め老廃物を体外に追い出しましょう。

冷たい水には要注意!

水太りしている方の中には、内臓が冷えている「冷え型」の方もいます。水分を摂るならお腹を冷やさないために常温か白湯(さゆ)を飲みましょう。飲み方のコツは簡単、ガスコンロで水を沸かして、ぬるま湯になったら飲むだけです。

足痩せできない生活習慣

マッサージや運動を取り入れているのに、なかなか足の見た目が変わらない…。もしかしたら、生活習慣が足痩せの邪魔をしているかも!日ごろのクセを直したり、意識したりすることで、足が太いという悩みを改善することができます。

姿勢の悪さ

エクササイズやウォーキングを取り入れているにもかかわらず、下半身が痩せずに筋肉がついて太くなってしまった、ということはないでしょうか?

下半身が太くなってしまうのは、姿勢の悪さに原因があります。

猫背だったり体の重心が左右どちらかに偏ったりすると、見た目のアンバランスな差がでてきます。マッスルを使っている箇所は、無駄に筋肉がついて太くなったり、筋肉を使っていない箇所は、脂肪でぷにぷにとした脂肪太りが目立つでしょう。

下半身は老廃物が溜まりやすくむくみやすいので、要らないものが溜まる習慣がついてしまうとダイエットを頑張ってもなかなか脂肪が燃焼してくれません。ひどい場合だと骨盤がゆがんだり、脂肪が乗っかることで足や腰回りがどんどん太ってしまいます。

座るときに足を組む、広げる

座ったときに、ついつい足を組んだり広げたりする人も中にはいるはず。実は足を組むことによって骨盤が歪んでしまったり、垂れ尻になったり、足が太くなるといったデメリットがあります。座り方ひとつ意識することで、まっすぐな美脚を維持することができますよ。

足を閉じて座ってみる

足を閉じて座るだけで、カンタンに脚線美を維持することができます。ポイントは、膝や太ももに力を入れて足を閉じるだけ。内転筋が鍛えられるので、足がみるみる細くなっていくのを実感できるでしょう。

人間の筋肉の7割は、下半身に集中しています。太ももの筋肉が衰えてしまうと代謝が落ちてしまい、太りやすい体質になります。椅子にきちんと座ることで太ももの筋肉が使われ、内転筋を鍛えることへとつながります。

足を閉じ続けるのはとてもしんどいですが、足痩せの一歩として大切です。

睡眠不足

脂肪がつきやすい原因の一つに、睡眠不足が関係しています。ハードに働いたり夜更かしを続けたりすることで、食欲を抑制する物質がでにくくなります。

すると、普段お腹が空くはずのない時間帯に空腹を感じたり、あまり食べないものが欲しくなったりすることがあるでしょう。

他にも、成長ホルモンが分泌される22時~2時の間は、体の中にある古い細胞が分解され、新しい細胞と交換することが行なわれています。この時間帯に睡眠をとらないと、古い細胞が体に残ったままになり、肌がくすんだり代謝がうまくいかなかったり、脂肪がつきやすい、むくみやすいといったことが起こります。

朝型の生活にシフトチェンジする

生活を「朝型」にシフトすることで体質を改善できます。日の出から1時間はゴールデンタイムといわれており、新陳代謝が高まりやすい時間帯です。

水は「重い」「冷える」といった陰の性質を持っており、陽と合わさることでバランスが取れます。日の出の時間帯は1日の中でもっとも陽のエネルギーに満ち溢れているため、その時間帯に活動することで、余分な水分を体外へ排出しましょう。

自律神経を整える

朝起きて夜寝るという規則正しい生活を徹底することで、自律神経を整えることができます。特に夜は「回復のために休息し、エネルギーを貯める時間」です。寝ている間に不要な水分が膀胱へ送られ、朝に尿として排出されます。エネルギーも十分に回復するので、慢性疲労の改善にも効果的。

また、朝日を浴びることで、副交感神経のセロトニン神経が活性化し、セロトニンが増加します。そうすることで、自律神経が整うのです。まずは、普段よりも1時間早く寝るというところから始めてはいかがでしょうか。

運動不足

重力の関係により、血液やリンパ液は下のほうへ下がっていきます。血やリンパ液の循環が悪くなると、老廃物が溜まってしまい、むくみやすくなります。

むくみやすい足をケアをするなら、運動をすることが効率的でしょう。足を動かすことは、めぐりを良くするポンプの役割があるので、血液やリンパ液の循環を助けてくれます。

ジムやスタジオに行かなくても、日常生活に運動を取り入れることで、むくみや足痩せを改善することができます。

また、通勤・通学時間やプライベートを上手く使うのがポイント。積極的に階段を利用したり、デスクワークだと腹式呼吸をしてお腹に力を入れるなど、簡単に運動を取り入れることができますよ。

無理せず痩せる生活習慣のススメ

本気で足痩せするには、最低限の食事制限やときには運動も必要です。でもハードなダイエットはしたくない…という場合、こんな習慣を身につけるのはいかがですか?

  • 半身浴でたっぷり汗をかく
  • 入浴後はゆったりくつろぎながらストレッチ
  • 好きな香りのオイルでマッサージをする
  • 普段からなるべく温かい物を摂る
  • 夕方以降は水を飲む量を少し減らす
  • 飲み会は野菜中心のヘルシーなお店を選ぶ …など

体質改善というと難しく思えますが、習慣さえ身に付けば、自然と体が応えてくれて体型もみるみる変わっていきます。コツは楽しみながら続けること!皆さんも、自分に合ったストレスのない方法を探してみて下さいね。

これが究極の方法!無理せず痩せる生活習慣のススメ

食事や生活習慣の改善は、今日からでも始められることのひとつ。できてしまったセルライトを除去するには、「やらなきゃいけない」じゃなく「効果が出たらラッキー」と楽しむくらいの心構えが肝心です。自力でセルライトを解消することは理論的に可能ですが、相応の努力と根気が必要です。「なんとしても美脚を手に入れるぞ!」というモチベーションが固まったら、気軽なお値段で体験できるセルライト専門のエステも検討してみましょう。

人気のエステサロン10社の中から、「セルライトケアが受けられる」体験コースの価格を比較し、お手頃価格のコースをピックアップしました。

参考書籍

伊東歩(2017年)『あなたが痩せない理由: 体質を変えて【ストレス太り】【固太り】【水太り】を解消する!』成実出版

自宅で行うセルライトケアに関する記事はコチラ