目指せ美脚美人!足のセルライト除去法【完全版】

原因と4つのタイプ

そもそも足のセルライトとは何か、主な原因、メカニズム、4つのタイプについてまとめました。タイプ別に適したケア方法も紹介。

足のセルライトができる原因とメカニズム

セルライトは、長い時間をかけて脂肪が変異してできるものです。正常な皮下脂肪の場合、中にコラーゲンの繊維が張り巡らされていて、リンパや毛細血管がスムーズに通ることができます。手で触るとぷにぷにと柔らかく、食事や運動などでも減らすことができますよね。

セルライトができる原因セルライトができるメカニズム

正常な脂肪細胞とセルライト化した脂肪細胞

ところが、脂肪や老廃物が体の中に蓄積していくと、皮下脂肪がスポンジのように脂肪・水分・老廃物を吸収して、コラーゲンと絡みあって肥大化してしまいます。触るとガチガチに固く、リンパや血行も悪くなったものがセルライトの正体なのです。

つまり、セルライトができる主な原因は、脂肪や老廃物を排出できずに溜めこんでしまうこと血行不良、基礎代謝の低下、冷えやむくみ、運動不足、食生活の乱れなども影響してきます。

とくに下半身は血行が悪くなりやすいため、セルライトは太ももやヒップを中心につきやすいのです。

知っておきたい4つのタイプ

実はセルライトには種類があり、人によってタイプが異なります。次に代表的な4つのタイプと、それぞれの原因、効果的なケア方法などまとめたので、こちらも参考にご覧下さい。

脂肪型セルライト

セルライトに悩む人の半分が当てはまる、最も典型的なタイプです。原因は、食事や運動不足によって皮下脂肪が増えること。たんに肥満が原因なので、ダイエットと同じような方法でケアできます。他のタイプより解消しやすいと言われています。

筋肉質型セルライト

過去にスポーツをしていた人などの一部に見られます。原因は、鍛えられた筋力が急激に落ちること。このタイプのセルライト除去は最も困難と言われていて、エステなどの専門機器による施術と、自宅でのケアを長く続ける必要があります。

むくみ型セルライト

脂肪型に次いで多く、3人に1人がこれに当てはまります。原因は、むくみや冷え症による代謝の低下。日頃からとくに下半身まわりを重点的にマッサージを行い、体を温めたり、便秘を解消する体質改善にも取り組みましょう。

繊維化型セルライト

セルライト特有の皮膚の凸凹がとくに目立つ、オレンジピールスキンなどの方が当てはまります。全体の約10%と該当者は少ないですが、他のタイプでも放置しておけばこれになります。ここまで来ると、個人でのセルライト除去は難しく、エステサロンや美容医療のマシンによる施術が必須です。